フィットネス

milonのマシン最大の特徴である、コンセントリック(短縮性筋活動)とエキセントリック(伸張性筋活動)の動きが1台で実現!milonマシンでは、筋肉の収縮時と伸張時において負荷をかけることにより効率的なトレーニングが可能になりました。

全自動・電動モーター

初回設定後、ICチップに記録されすべて自動で設定されるシステムです。
(State-Of-The-Art Technology)

本来の人間活動やスポーツの動作に合致した筋力トレーニングを1台で行えます。
電動化による制御で、安全かつ効率的なトレーニングを提供。
それぞれに、コンセントリック20kg、エキセントリック28kgというような設定が1kg単位で設定可能に。
しかもそのセッティングはわずか10秒以内!
電動モーターのため静音で、またドイツにおいて過去5年間使用している施設でも大きな故障がほとんどなかったという頑丈さ。
まさに最高級の高性能マシンなのです。

スマートカード

全てのマシンを使用するためには、ICチップが搭載されたmilon独自の「スマートカード」を利用します。

この一枚に、

  • ポジション設定
  • 負荷(重量)設定
  • 稼働領域設定

が組み込まれ、挿入するだけで自動的に重量調整や運動領域がセッティングされるため、マシンを使う毎のわずらわしい個別設定が不要になります。

カードをマシンに読み込ませてからわずか10秒程度で、その人の設定データに合わせてマシンが自動的にセッティング、すぐにトレーニングが開始できます。

また常に定ポジション、定負荷で運動領域も可視化されているので、エクササイズしながら自身の目と身体でコントロールすることが出来、安全かつ安心。

スマートカードで管理されるデータは、利用状況の保存も可能で、長期にわたるその人のデータ推移も統計として蓄積することが可能です。
将来的には日本全国、どこのmilonマシンを使ってもその一枚があれば利用が可能になります。データはクラウド管理されているので、カードは共通でmilon intelligent systemが利用できるのです。

サークルコンセプト

これまで流行してきた既存のサーキットトレーニングとは訳が違います!

milonのサークルコンセプトは、ただ順番に筋トレを繰り返すサーキット型とは異なり、部分強化プログラムから全身強化プログラムまでその人の目的とするトレーニングを効果的に行えるプログラムが計算されています。

筋力系6種、有酸素系2種の8種12台でひとつのサークル。
筋力系は1分のトレーニングで30秒の休憩、有酸素系は4分間トレーニングが基本。
1ラウンド17.5分、2ラウンド約35分でトータルトレーニングが完了。

わずかなスペース(15-20坪)で、1時間に40人が待ち時間もほとんどなくトレーニング出来るため、メンバーや運営サイドにとっても非常に効率的で、マシン設定も自動のためタイムロスがなくトレーニングに集中できることで運動成果も飛躍的に向上します。

パーソナルトレーニング

このmilon intelligent systemを導入することで、付帯収入設定が可能です。ユーザーは、高い効果のためには高いコストも惜しみません。パーソナルトレーニングや少人数のセミパーソナル・プログラムによる付帯収入での高収益な活用も可能。

最高レベルのマシンを導入することで会費単価の引き上げも正当化され、退会率の低減化も計れます。

有効活用のコンセプトとして、

  • 空きスペースを有効活用
  • 使用していないマシンを排除
  • マシンの入れ替え時の効率化

など、今までの無駄をなくします!

Facebook